「麺なしのPad Thai」という不思議な食べ物に出会った

「麺なしのPad Thai」という不思議な食べ物に出会った

チェンマイで通いつめているTop’s Supermarket@ガートスワンケーオ店。

チェンマイTOPSはフードコートもおいしい✨コスパのいいタイ料理あります

2017.06.17

チェンマイ滞在で一番利用しているスーパー「TOPS」

2017.08.09

 

お店の新規開拓意欲が削がれるほど

  • 基本的に何でも揃ってる(フードコートも)
  • フードコートが安くて美味しい!
  • サラダバーが新鮮・激安
  • 利用しているコワーキングから近い

という便利過ぎる場所です。

 

お気に入りのTOPS併設のフードコートのお店

お気に入りのTOPS併設のフードコートのお店

色々な料理のお店が並んでいますが、私はここのPad Thaiコーナーばかり利用しています。

美味しいPad Thaiが170円くらいで食べられます (*´﹃`*)

 

そんなお店で前々から気になっていたメニューがあります。

 

麺なしPad Thaiって何???

「麺なしのPad Thai」という不思議な食べ物に出会った

それがこちらの「Pad Thai Without Noodle」です。

 

「えっ!?Pad Thaiから麺抜いたら、単なる野菜炒めでしょう?」

「それ美味しいの?」(゜o゜;

と気になって仕方なくなり… 注文することにしました(笑)

 

今回のサラダバーは100円!

今回のサラダバーは100円!

注文前に事前にスーパーでいつものサラダバーに立ち寄ってました。

今回は120gでぴったり30B(100円ほど)🌟

 

だんだんTOPSのサラダバーのコツ掴んできた (๑•̀ㅂ•́)و✧

(他で全く役に立たないスキルですが…)

今回のサラダバーは100円!
  • 葉物野菜を中心に
  • 重量級の根菜は極力避ける
  • フルーツ・豆類も比重高いので避ける

というのがコツのようです。

 

Pad Thai without Noodleの秘密に迫る!

Pad Thai without Noodleの秘密に迫る! Pad Thai without Noodleの秘密に迫る!

作り方はPad Thai(with Noodle)作るときと同じ。

唯一の違いは麺を投入しないこと。

 

そして1分ほどで完成したのがこちら🌟

Pad Thai without Noodleの秘密に迫る!

調味料はいつものところで追加しています(元々は唐辛子パウダーは降られていません)

Pad Thai without Noodleの秘密に迫る!

 

席について物珍しそうに写真を撮る私を、怪訝な顔で眺めるPad Thai作りの達人。

Pad Thai without Noodleの秘密に迫る!

(こんなにインスタ映えしなそうなところで)スマホで写真撮りまくる人は他にはいないようです (^_^;)

 

本日の夜ごはんはこちら

本日の夜ごはんはこちら

さて、本日の夜ごはんメニューはこちら🌟

  • 新鮮野菜(100円)
  • コカ・コーラゼロ(50円)
  • 麺なしパッタイ(150円)

折角のヘルシー系メニューをコカ・コーラゼロが台無しにしてるかも (^_^;)

 

まずは野菜から。

新鮮野菜が相変わらず美味しい。ここまで新鮮だとドレッシングなし(もしくは塩を軽く振るだけ)でも十分おいしいのですが、サラダバーコーナーにあるドレッシング(黒ゴマ?)がお気に入り🌟

今回のサラダバーは100円!

同じレベルの野菜を日本で同じ量(外で)食べたら700円くらいするんだろうなー

 

そして今回のメインPad Thai w/o Noodleをいただきます (๑•̀ㅂ•́)و✧

Pad Thai without Noodleの秘密に迫る!

 

こっ、これは!? (゜o゜;

 

 

麺が入ってないのにパッタイの味そのまま!

いつもは気付かない玉子の味がよく分かる。

心なしかいつもより野菜の鮮度がよくてシャキシャキな気がする。

 

なんというか、

  • もっと野菜炒めっぽくなると思ってたけど
  • 驚くほどパッタイから麺がなくなっただけの味だった

というのが正直な感想です。

 

ほとんど同じ値段なら麺がある方が好みなので「また注文したい?」と聞かれたら「No」と答えますが、ヘルシーだし・同じ味だし・これはこれでありだと思う。

 

次は「麺ありパッタイ」注文します (*´ω`*)

 

スポンサードリンク