【徹底解説】LTE回線で無制限・使い放題「どんなときもWiFi」の通信速度・評判!

【徹底解説】LTE回線で無制限・使い放題「どんなときもWiFi」の通信速度・評判!

外出先でもPC作業ができるように普段からWiMAX2+を利用していますが、最近よく耳にするようになった「どんなときもWiFi」が気になって仕方がなくなってしまって…

実際に利用して通信速度も測ってみました (๑•̀ㅂ•́)و✧

今回は、LTE回線を無制限に利用できることで評判の「どんなときもWiFi」の実力を見ていきます。

「どんなときもWiFi」の詳しい情報はこちらから確認できます
【公式サイト】どんなときもwifi

 

 

無制限・使い放題といえばWiMAX!?

無制限・使い放題といえばWiMAX!?

私がWiMAX2+(以下、WiMAXと記載します)を契約している理由は

  1. 毎月利用できるデータ量が(実質)無制限
  2. 通信速度が早い
  3. 都内なら使える場所が多い
  4. スペックの割に月額料金が安い

の4つです。

一方で、なんとなく「無制限で利用したいなら⇒WiMAX」というイメージがありますが、実はWiMAXにも弱点があります。

 

 

【WiMAXの残念なところ①】ギガ放題なのに速度制限あり?WiMAXの通信制限

「無制限」とか「ギガ放題」という表現で誤解されているところがありますが、WiMAXでは

  • 直近3日間で10GBを超えると ⇒ 翌日の18時頃〜翌々日の2時まで通信速度制限(1Mbps程度)
  • 4G au LTE回線を1度でも利用した月 ⇒ 7GB/月経過後〜月末まで128kbpsに通信速度制限

がかかります。

WiMAXでも完全無制限ではない点に注意しましょう。

 

 

【WiMAXの残念なところ②】田舎は入りづらい!?WiMAXのサービスエリアの確認方法

【WiMAXの残念なところ②】田舎は入りづらい!?WiMAXのサービスエリアの確認方法

ここ数年で都心の屋外でWiMAXが圏外になった経験はありませんが、

  • (関東でも)最寄り駅からちょっと離れた地方都市
  • 入口のドアから遠いカフェの席(都内でも)
  • 地下街

などではWiMAXが圏外になることは今でもあります。

同じエリアでもドコモ・au・ソフトバンクの電波は入ることが多いので、やはり3大キャリアと比較するとWiMAXのエリアは狭い印象があります。

 

WiMAXのエリアマップは以下のURLから確認することができます。

WiMAX(2+)のエリア確認方法
>>UQコミュニケーションズ公式サイト

 

WiMAXは通常のスマホと同じ感覚で使える訳ではない(圏外で使えないところがちょこちょこある)という点にも注意しましょう。

 

 

【WiMAXの残念なところ③】エリア内でも通信速度が遅いことがある(場所・時間帯によって)

【WiMAXの残念なところ③】エリア内でも通信速度が遅いことがある(場所・時間帯によって)

エリアマップでは圏内と表示されていても(特に屋内や地下では)WiMAXが圏外になることは割とよくあります。

また(格安SIMほど通信速度が遅くはなりませんが)周りの人たちがWiMAXで大容量の通信をしているようなエリアでは通信速度がガクッと落ちることもあります。

場所を変えたり、しばらくしてからつなぎ直したりすれば速度が戻るので個人的にはそこまで気にしていませんが、「休憩時間の15分以内に取引先にメール連絡を入れなくてはいけない」というような切羽詰まった状況だと相当イライラさせられるかもしれません💦

 

このように小さな不満は何度も感じつつもWiMAXの契約を解除しなかった理由は「WiMAXよりコスパがいい選択肢が他になかったから」です。

 

 

どんなときもWiFiとは?

そんな中、最近あちこちで目にするようになったのが「どんなときもWiFi」というサービスでした。

気になって調べれば調べるほど…

  • スペックがめちゃめちゃいい (´゚д゚`)
  • むしろ(スペックが良すぎて)本当なのか疑ってしまうほど

ということがわかってきました。

次に 今回リサーチした結果をまとめていきます。

 

 

【ポイント①】利用回線はソフトバンク・ドコモ・auのLTE回線

どんなときもWiFiの特徴の1つが、ドコモ・au・ソフトバンクの3つのLTE回線の中から最適な回線を選択してくれることです。

実際に都内で持ち歩いてみたところソフトバンク以外の回線を掴んだことは一度もありませんでした(※個人的な経験談です)がソフトバンクが圏外のところではドコモやauの回線を利用することができるのはかなり便利ですよね。

 

 

【ポイント②】どんなときもWiFiなら容量制限は原則なし!

【ポイント②】どんなときもWiFiなら容量制限は原則なし!

WiMAXにはある通信制限も「どんなときもWiFi」ではありません。

※ただし「著しくネットワークを専有する」レベルの大容量通信をした場合には通信速度規制がかかる場合もあるそうです

 

PCを接続して利用したり、Youtube動画を流しっぱなしで作業したりする私の場合は毎日2GBくらい消費しているため、

  • 月間で7GBはいとも簡単に超える 
  • 3日間で10GBも意外と不可能ではない(職場と自宅で固定回線のWiFi使わないで全部WiMAXで使ったら超えそう)

なのですが、

  • この2つの通信制限(月間で7GB・3日で10GB)がなく
  • エリアは3大キャリアのLTEエリア

というのは、かなり魅力的です。

 

 

【ポイント③】どんなときもWiFiの料金プラン

【ポイント③】どんなときもWiFiの料金プラン

どんなときもWiFiには2種類の料金プランしかありません。

  • データ放題プラン(3,480円/月) ⇒ クレジットカード払いの場合
  • ベーシックデータ放題プラン(3,980円/月) ⇒ 口座振替の場合

 

ほとんどの人は(安い+クレジットカードのポイントが貯まるので)クレジットカード払いを選択すると思いますが…

3,480円/月という料金は、私が別で個人契約しているWiMAXと同じレベルの料金

です。

うーん。どんなときもWiFIだけで十分な気がしてきた。WiMAX解約しようかな (_ _;)

 

 

【ポイント④】どんなときもWiFiの端末ラインナップ

現時点でどんなときもWiFiで利用することができる端末は「D1」1機種のみです。

  • 重さ:151g
  • バッテリー容量:3,500mAh(連続使用可能時間:12時間
  • 厚さ:1.4cm

という軽量・薄型なので、毎日の持ち歩きにも最適です。

 
なんとなく前面に液晶画面があるモデルに慣れていましたが、実はモバイルルーターにはそこまでの機能いらないことに気づきました。このシンプル設計 個人的に好きです (・∀・)

 

 

どんなときもWiFiを契約してみた!

どんなときもWiFiを契約してみた!

辞書みたいなパッケージが届きました。

中に入っていた基本セットはこんな感じ。

どんなときもWiFiとは?

本体・USBケーブル・ストラップ・説明書が入っています。

 

取説はこんな感じです。

どんなときもWiFiを契約してみた! どんなときもWiFiを契約してみた!

 

本体も確認してみます。

どんなときもWiFiを契約してみた!

左側面にボタンがあります。

どんなときもWiFiを契約してみた!

このボタンを押すと…

どんなときもWiFiを契約してみた!
  • (最初の3秒間)電池残量
  • (次の3秒間)電波の強さ

が4段階で点灯します。

 

その後はライトが消える省電力設計です。

どんなときもWiFiを契約してみた!

この状態で普通に利用できます。(点灯してないだけで電源はちゃんと入ってます)

 

本体下にはmicroUSBのケーブルがあります。

どんなときもWiFiを契約してみた!

最近の機種はUSB TypeCが多いので、microUSBは珍しいですねー

個人的には(microUSBのケーブルが家に何本も余ってるので)microUSBの方が助かります(*´ω`*)

 

本体は分解できます。中身も確認してみましょう。

どんなときもWiFiを契約してみた!
  • ノーマルタイプ
  • microタイプ

の2種類のSIMカードスロットがありますが、「どんなときもWiFi」はクラウドSIMを利用するのでSIMカードが刺さっていない状態のまま利用することができます。

 

 

どんなときもWiFiの通信速度を測ってみました!

どんなときもWiFiの通信速度も実測してみました!

測定方法は

  • 平日と土日祝でそれぞれ毎時5回ずつ測定(中間値をグラフ化)
  • 測定場所は都内某所(山手線エリアの内部の某所で固定)
  • 手持ちのiPhoneのアプリで上り・下りの通信速度を測定

です。

 

どんなときもWiFiの平日の通信速度

どんなときもWiFiの平日の通信速度

上りは

  • 最高値:38.5Mbps(12時-13時)
  • 最低値:8.70Mbps(0時-1時)
  • 平均値:17.8Mbps

という結果に。

一方で、下りは

  • 最高値:15.3Mbps(7時-8時)
  • 最低値:0.74Mbps(4時-5時)
  • 平均値:7.57Mbps

という結果となりました。

 

早朝の4時台に下りが最低速度になる理由や、お昼の12時台に上りが最高速度になる理由が正直よくわかりませんが、たった1日だけ(しかも5回だけ)しか測定してないので測定誤差のような気がします。

ただし平均値だけみるとかなり使い勝手がいいことこともわかりました。これだけの速度が出るなら本当にWiMAXいらないと思う。

 

 

どんなときもWiFiの土日祝の通信速度

どんなときもWiFiの土日祝の通信速度

平日と土日祝はきっとトラフィック特性が違うんだろうなーと思って、土日祝でも測定しました。

上のグラフがその結果です。※測定条件は同じ

 

上りは

  • 最高値:28.1Mbps(13時-14時)
  • 最低値:11.1Mbps(17時-18時)
  • 平均値:18.1Mbps

という結果に。

下りは

  • 最高値:17.9Mbps(8時-9時)
  • 最低値:0.63Mbps(7時-8時)
  • 平均値:6.08Mbps

という結果となりました。

 

7時台・9時台はかなり遅くなりますが(私はその時間帯は仕事してないことが多いので)全然使えます (๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 

どんなときもWiFiとWiMAXを徹底比較!使うならどっち?

どんなときもWiFiとWiMAXを徹底比較!使うならどっち?

WiMAXはどのプロバイダーで契約するか(プランにもよりますが)によって料金が変わりますが、本家UQ WiMAXで契約した場合で比較したのが上の表です。

表にする前から薄々きづいてはいたのですが… やっぱり「どんなときもWiFi」めっちゃお得です (´゚д゚`)

 

 

【結論】平均6~7Mbpsで十分ならWiMAXよりも「どんなときもWiFi」の方がお得!

条件面で比較した結果、

WiMAX(2+)を契約するなら「どんなときもWiFi」を契約した方がお得

という結論になりました。

 

スペック・料金・通信速度を総合的に考えても… 悪いところが見当たらない「どんなときもWiFi」

すごいですねー これ。

この料金でこのスペックを維持し続けることができるのかが個人的に疑問ですが、もし(料金を含めた)条件が変わらないならば…「どんなときもWiFi」は無敵だと思います。

「どんなときもWiFi」の詳しい情報はこちらから確認できます
【公式サイト】どんなときもwifi