タイで現地SIMを購入してみた(AIS)

タイで現地SIMを購入してみた

今回のチェンマイ滞在では現地SIM(プリペイド)を購入しました。

国際ローミングでもなく、モバイルWiFiレンタルでもなく、現地SIMを利用した理由は… その方が安いからです。

 

事前にリサーチした結果、チェンマイで使うならエリアと値段からAISがいいことが分かっていたのでバンコク滞在中にAISショップに行ってSIMカードを契約しました (๑•̀ㅂ•́)و✧

今回はタイでAISのプリペイドSIMを契約する流れについて書きます。

 

Terminal 21のAIS Shop

Terminal 21のAIS Shop

バンコクのファッションリーダーが集まるビル「Terminal21」

観光客の間でも有名ですが、現地の若者たちがデートやショッピングでもよく利用している人気スポットです。

このTerinal21の6FにAISの公式ショップが出店しています。

Terminal 21のAIS Shop

このフロアーにはdtac等の他の大手通信会社のショップもあるので、バンコクで現地SIMを入手するならここに来れば事足ります。

Terminal 21のAIS Shop

 

私はタイに渡航する前にネットの情報を見ながら契約するプランを事前に決めていたのですが、タイでは日本よりも頻繁に携帯電話会社のプリペイドプランが変わります (゜o゜;

そのためセブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニではなく必ず正規店で確認しながらSIM契約することをオススメします。

 

AISのプリペイドプラン

AISのプリペイドプラン

2017年6月時点のプリペイドSIMの料金プランがこちら。

私は30日間で5GBのプランを契約しました (๑•̀ㅂ•́)و✧

1ヶ月間で5GBを利用できるプランが1,700円 (゜o゜;

安い!安すぎる!

大手通信会社なのに日本の格安SIM会社並の価格なのが凄い。

 

ちなみに基本的にWiFi無料のコワーキングを利用するので容量は5GBもあれば全然足りる計算です (*´ω`*)

(翌月以降は使用料を見ながらまたプランを考えればいいはず)

AISのプリペイドプラン AISのプリペイドプラン

AISショップ(他キャリアでも同じです)でSIMの相談をする際には

  • 滞在期間(私は30daysと伝えました)
  • 月間データ容量
  • 通信速度(高速なのか低速なのか)
  • WiFi HotSpot(有料)を利用したいか

の4つを伝えれば最適なSIMを教えてもらえます。

そして契約に必要になるのは

  • パスポート
  • 現金またはクレジットカード
  • SIMフリーの端末(スマートフォンやWiFiルーターなど)

です。

正規店で契約する場合には端末側の設定も全てやってもらえるので(日本語OSなのに画像だけで判断して設定してもらえました (゜o゜;)とっても便利✨

 

【悲報】5GBを1週間で使い果たす!?タイAISでテザリングしたら大変なことに!

2017.09.17

 

AIS shop @Terminal21, Bangkokの情報

定休日

なし

営業時間

10:00ー20:00

電話番号

0649849460

住所

1135 AIS shop Terminal21, Bangkok

スポンサードリンク