外で食べるお弁当は格別!

外で食べるお弁当は格別
外で食べるお弁当は格別

一人でも楽しい!週末公園ピクニックのススメ

仕事でもプライベートでも、たまに思考の堂々巡りが始まってしまうことありませんか?

そんな時に頭の中で起こっていることのは、「自分が今持っている情報」と「自分の今の分析の切り口」では解決出来ないことを考えていることが多いような気がします。思考が空回りしている状態ですね。

一晩ぐっすり寝れば(寝ている間に脳が問題点と情報を再整理してくれて)翌朝に解決方法が見つかることも多いのですが、たまには1週間以上も同じことを考え続けている自分に気づいたりすることもあります。

こんな時に是非試して頂きたいのがふらっと公園にいってボーっとする時間です。

日光浴でストレス解消

日光を30分浴びるだけで驚くほど思考がリセットされます。

特に冬場の快晴の時期、日中の直射日光の暖かさは天国にいるような気分になります。タンブラーでホットドリンク(夏はコールドドリンク)を持参すれば幸せ度は更に上がります。

スマホとヘッドホンで至福のヒトトキ

公園でボーっとするとき、私は大抵 iPhoneのお気に入りの音楽をヘッドホンで大音量で流しています。

実際に試したことがある方はご存知だと思いますが、普段の通勤電車で聞いている同じ音楽なのに、日光の降り注ぐ公園で聞くと全くレベル感が違う感動があります。

そうして5曲、6曲と曲を聞いているうちに…思考が完全にリセットされていく自分に気づきます。今までの分析の切り口をリセットして、新しい軸で考え直せるようになる感覚です。

お気に入りの本を一冊もっていきましょう

思考が空回りしている時だけではなく、なかなか自分の時間が取れない場合、読みたい本があるのに何故かページをめくれない時にも公園という環境は役立ちます。

気になっている本を何冊か持っていって、自然と音楽の力で一度気持ちをリセットしてから読みたい本を開くと、不思議とすらすらと読み進められます。

誰にも邪魔されることがない空間で、日中の暖かい日差しの下でする読書は至福のヒトトキですよ。

折角なのでお弁当も持って行きましょう!

さて本題です(笑)

短時間の滞在であればお弁当はいりませんが、折角なのでお昼前後数時間かけてしっかりリフレッシュしたい時には、自作のお弁当を持っていくとリフレッシュ度が倍増します!

山にハイキングに行くようになってからより強く実感しましたが、外で食べる御飯は室内で食べる時の何倍かおいしく感じます。公園ピクニックでも同じことが起こります。

「男性一人で自作弁当?恥ずかしくないの?」と思いませんか?(笑)

ところが実際には誰も自分のことなんて気にしていません。思う存分一人の時間に浸ることが出来ます。

未経験の方は是非一度お試し下さい。持っていくものは「音楽プレイヤー(スマホなど)」「お茶を入れたタンブラー」「読みたい本」と「自作のお弁当」だけです!

自転車 or 徒歩なら一石二鳥

私は自営業なので、考えがとっちらかったら、すぐに公園に向かいます。

近くの小さな公園の場合もありますし、徒歩なら1時間半はかかるくらいにある大きな公園の場合もあります。1時間半かかる公園には自転車で行くこともあります。

経験上ですが、やはり自然が豊かな大きな公園の方がリセット効果は大きいです。また遠くの場所ほど往復する間にカロリー消費+更なるストレス解消が出来るのでリセット効果は更に上がります。

 

天気がよい週末に、自然の中で自分だけの時間を過ごしに行ってみませんか?

スポンサードリンク