最強の格安SIMついに登場!?デジモノステーション特別付録が凄い理由

最強の格安SIMついに登場!?デジモノステーション特別付録が凄い理由

100%ユーザ目線のパケット契約プランの条件とは?

各キャリアが発表しているプランやMVNOから出ているプラン。色々な種類がありますが、一体どれを選べばいいのでしょう?

恐らくほぼ全てのユーザにとって理想のプラン(パケット)というのは

  • 使わない時には料金がかからないこと
  • いっぱい使っても料金が安いこと
  • スピードが早いこと
  • エリアが広いこと

だと思います。でも

「そんな都合がいいものあるわけないじゃん」

ずーっとそう思ってました。

だからこそ、ヘビー利用前提で「使わない月はない」状態にし、作業する場所がほぼ都内なので「エリアの広さにも目をつむって」WiMAX2+を使っていました。

それでもPCからテザリングかけてwordpressの作業がメインで作業中の音楽はローカル保存した曲を聞いていれば、毎月のデータ量は5GBで事足ります。(※スマホ単体で利用した分の2GBは除く)

そして毎月5GBの通信料のために「GMOとくとくBB」に契約して毎月3,897円を払い続けていました。更に24ヶ月以内に解約すると(契約方法によりますが)1万円以上の解約金(場合によっては2万円以上)払わなければいけないという条件付きで。

WiMAX2+を2年間使い続けて分かった一番の難点は「エリア」です。

都心であっても屋内だと(特に地下の場合は顕著に)エリア外がざらにあります。よく利用する隣駅のカフェ(VELOCE)でも、テラス席ならアンテナ3本なのにガラス1枚挟んだだけの屋内窓側席ではアンテナ0本(ぎりぎり圏外ではない)になるほどです。

この状況だと通信が切れるわけではないもののスピードがガタ落ちします。これがサーバー側にデータがあるwordpress作業の場合に致命的でした。記事をUPするのも、UPした記事を確認するのもやたらと時間がかかり… やってられなくなって作業を止めてしまうことも多々ありました。

そんなに不満なら他社に乗り換えちゃえばいいんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、WiMAX2+以上にコスパのよい契約条件が見つからなかったのです。

そのため「2年縛りが終わるまではWiMAX2+で我慢するしかない」と思っていました。

 

そう思っていたのですが… 凄いの見つけちゃいました!

毎月テザリングで最大5GBくらいしか使わない(私くらいの使い方をする)人であれば、恐らく最強のプランだと思います。

So-net ☓ デジモノステーション「SIM スペシャルスターターパック」

最強の格安SIMついに登場!?デジモノステーション特別付録が凄い理由

12/25からネットで超盛り上がっていた2016年2月号。「神」とまで絶賛されているのは付録のSIMカードです。既に多くの書店では売り切れ続出。Amazonと楽天でも売り切れ。コンビニにはまだ在庫ある場所がありそうです。

正直いうと今まで1度たりとも読んだことがない雑誌なのですがw、本日購入しました!(本日用事があって藤沢にいたのですが、藤沢駅近隣の複数のコンビニにはまだ本の在庫ありました ⇒ 記事を読まれている時点ではもう売り切れてるかもしれませんが…)

620円なんて安すぎです。(雑誌の内容ではなく付録のSIMの価値です(笑))

この格安SIMについて1つずつ解説していきます。

 

これはすごい。使わなければ本当に0円!

最初のポイントは「使わない月はだたの1円もかからない」ことです。(ユニバーサル使用料2円の負担が別途必要かどうかは不明です)。

更に…500MBまでなら同じく完全0円。月に5GB利用している私の場合なら「3日間めいっぱい使っても0円」Σ(゚Д゚)

例えば海外旅行にでかけていて月末に帰国。「この月は2日間しか日本にいないよー」という場合なら、その月は普通に使っても無料なのです。

何それ?いいんですか?

衝撃の価格!5GBでも1,600円 !

500MB以降は100MB毎に100円になります。

600MBまで100円
700MBまで200円



2GBまで1,500円

そして2GB〜5GBまでは1,600円フラット料金になります。

毎月4,000円近く払い続けてたのが馬鹿らしくなる金額です(^_^;)

でもエリアと速度がヘボければ何の意味もありません!

では気になる速度は?

LTE対応(下り最大225Mbps/上り最大50Mbps)

私の現在使用している機種のWiMAX2+の最高速度は下り110Mbps/上り10Mbpsですが、なんと!それより全然早い!

今よりノマド作業が快適になるなんて信じられない!

いやいや、でもエリアが酷かったら最高速度なんて単なる数字です。事実WiMAX+2でも散々な目にあっています。

(細かい話は省略しますが)きちんとエリア設計に手間暇かけたネットワークじゃないと全然スピード出ないのです。

で、このSIMはどこのネットワークを使うかというと…

ドコモネットワークなのでどこでも安心。

このSIMはドコモ系MVNOの契約なのでネットワークはドコモを使います。街中の屋内・地下はもちろんのこと、山や離島でも使いたい私にとっては無茶苦茶嬉しい!

ここまでの条件だけでも「買い」一択なのですが…

更に…初期手数料まで無料!

なんとも嬉しいことに、初期手数料も全くかかりません!3,240円くらいはかかるんだろうなーと思っていたのですが、まさかの0円!

 

もちろんテザリング対応!

ここまで条件がよくても、テザリングに対応していなければPC接続して使う私には何の意味もありません。

安心して下さい。このSIMはもちろんテザリングにも対応しています。

注意すべきポイントは3つ。

こんないいことだらけの「SIM スペシャルスターターパック」ですが、注意すべきポイントが3つあります。

2月24日までにアクティベートを完了すること。

3ヶ月間連続で使用がなければ自動解約になること。

何よりも…本が売り切れ続出していて入手困難なこと。

です。特に最後のポイントが一番条件が厳しい(^_^;)

 

契約方法と設定方法を解説します!

無事に1冊ゲットしたので、今まではSIMなしで使っていた「iPad Air2(SIMフリー版)」に入れて設定しました。

まずは購入した本の見開きに入っている袋を開封します。

見開きページにSIMが入ってる

ビニール袋を開封してSIMカード(nanoSIM)を取り外します。

SIMが固定されているプラスチック側に記載されている「電話番号(写真中は080から始まる番号)」「PASSWORD」は登録時に使用するので大事に保管しましょう。

SIMカード見本

SIMを丁寧に取り外してiPad Air2に挿入します。SIMを入れる前に必ず本体の電源を切って下さい

SIMを入れる際には、本体購入時に付属していた「SIM脱着用のピン」を使いましょう。(SIMの入れ方に不安があるかたはこちらのサイト記事で丁寧に説明されています)

SIMを入れたら電源をONにして起動します。まず設定画面(灰色の歯車マーク)を開きましょう。「モバイルデータ通信」⇒「APN設定」とクリックします。

iPad Air2でAPNを設定

APN:so-net.jp
ユーザ名:本誌の6ページに記載しているユーザ名
パスワード:本誌の6ページに記載しているパスワード

と入力します。

次に設定中の端末から(私はPCでやりましたので別端末からでも大丈夫だと思います)SIMのアクティベーションをします。※アクティベーション方法は本誌の7ページをご覧ください

so-net のアクティベーション画面

表示されるこの画面の下に各種情報を入力する画面があります(クレジットカード情報も入力しますので、お手元に用意してからアクティベーション作業を進めましょう)

全ての情報を入力すると「登録完了」です。

しばらくすると(私は別端末からアクティベーションしたからか30分くらいかかりました)3G接続からLTE接続に切り替わります。

これで設定は全て終了です!

しばらく使ってみてまた評価レポートしますね。

スポンサードリンク