無制限のWiFiルーターを選ぶ際に注意したい3つのこと

【必見】無制限のWiFiルーターを選ぶ際に注意したい3つのこととは?

インターネットが普及し始めた時期を経験していると、自然に自宅の固定回線でインターネットを契約してしまいますが、いまどきの若者たちは光回線どころか固定回線も契約しない人が増えています。

そりゃーそうですよね。WiFiルーター(モバイルルーターとかポケットWiFiとか色々な呼び名がありますが全て同じものです)があれば固定回線いらないですよねー

役所や病院の電話番号登録も携帯電話の番号でOKになっているので固定回線もいらないし…

固定回線の契約数どんどん落ちてるんでしょうね。

 

なんでこんな話をしているかというと…

今回はWiFiルーターについて書きたいからです。

 

WiFiルーターとは?

モバイルWi-Fiルーター(モバイル ワイファイ ルーター)とは、インターネット用にモバイルブロードバンド回線への接続機能を備えた無線LAN機器用の可搬型ルーターである。

【引用】Wikipedia

WIkiには小難しいこと書かれていますが、めっちゃ簡単にいうと

自宅でも外出先でも持ち運べるWiFi

です。

iPhoneとMacbook Air(たまにiPadも)をいつも持ち運ぶ私の場合だと、WiFiルーターを1つもっていればiPhoneもMacも(iPadも)いつでもWiFiに接続して使うことができる(ドコモ契約しているiPhoneのデータ量を使わずにYoutubeやネットニュースやスマホゲームが楽しめる)とっても便利な機器です。

ただし携帯電話回線を利用しているので、契約している回線が圏外の場合には利用することができません。

 

通常のWiFiルーターだと毎月使える容量が決まっています。5GBまでとか、10GBまでとか。

容量が決まっているWiFiルーターだと結局のところ容量を気にしながら利用しなければいけないことになり、動画とかはなるべく観ないように気をつけていないと…あっという間に毎月の容量制限にひっかかります (^_^;)

でも「容量無制限」とか「使い放題」のWiFiルーターの広告とかよく目にしますよね?

この「容量無制限」「使い放題」には実は罠(?)があります。

 

無制限で使い放題のWiFiルーターを選ぶ際に気をつけたい3つこと

広告で「容量無制限」「使い放題」と書かれているWiFiルーターが多くありますが、必ず注意すべきポイントが3つあります。

① 実際の通信速度

1つ目は… 実際の通信速度です。

「最大200Mbpsでサクサク通信できる!」

とか書かれていても、(ここで書かれている数値は理論値なので)実際にどのくらい速度がでるのか?がとっても大事なポイントになります。

実際に契約する前に必ず実際の速度を(ネットの情報などで)確認するようにしましょう。

 

② 通信速度制限

無制限使い放題なのに…なんで通信速度制限があるの?(・・?

と疑問に感じますが、実際問題として多くの「無制限」と書かれているWiFiルーターでは通信速度制限があります

 

注意したいポイントは、

「3日間で○○MBを超えた場合には通信速度が制限されることがあります」

という記述の部分です。

  • 利用する回線(ドコモ・au・ソフトバンク・UQWiMaxなど)
  • 契約する会社
  • 利用するプラン

によって○○の数字は違いますが、(たとえ無制限と宣伝されていても)このような注意書きがある場合には容量制限があるということですので、自分の利用方法が通信制限に引っかからないかどうかをしっかり確認しておくようにしましょう。

 

③ 利用料金

3つ目のポイントは利用料金です。

  • ① 実際の通信速度
  • ② 速度制限の条件

をしっかりと確認した上で、一番お得なWiFiルーターを契約するようにしたいですね。

 

WiFi東京が評判の5つの理由

WiFi東京が評判の5つの理由

無制限のWiFiルーターを実際に使ってみようかなー

と思い立って実際に使ってみたのがWiFi東京という会社のWiFiルーターです。

この会社に決めた理由は以下の5つです。

 

① 意外に…24時間ずっと通信速度が早い!

① 意外に…24時間ずっと通信速度が早い!

ネットで評判を確認してみたら… 通信速度が結構早いという評価が多く見つかりました。

回線自体はソフトバンクの回線を利用しているので、そもそもソフトバンクが圏外という場所では利用できませんが、都内で生活している分にはほとんど問題ないと思います。

「実際にどのくらいの通信速度が出るんだろう?」

と思いたって、平日の24時間通信速度を測定しました (๑•̀ㅂ•́)و✧

  • WiFi接続した手持ちのiPhone7を利用
  • 上り・下りで各5回ずつ測定

した結果が上のグラフです。

後半かなり眠気との戦いになりましたが、深夜0時〜1時を除いて日中・夜間全ての時間帯でかなり高速に通信できていることが分かります。

深夜0時〜1時が遅いといっても、上りで3Mbps・下りで2Mbpsがでているので高品質動画を視聴するというような使い方をしなければ利用していて特に不満を感じる通信速度でもありません。

※個人的に契約している格安SIMの平日昼間の通信速度が1Mbpsを下回ることを考えると、WiFi東京のWiFiルーターかなり優秀です (๑•̀ㅂ•́)و✧

 

② 通信制限の条件がゆるい

WiFi東京のWiFiルーターがオススメの2つ目のポイントがこちら。

アドバンスモード(無制限)3日で10GBを使用すると上限速度1Mbpsの速度制限がかかります。

例)
1,2,3日目の合計が10GB超えると、4日目の18〜25時の間に速度制限がかかります。
また、4日目の18時までに何GBか使用した際に2,3,4日目の合計が10GBを超えると、5日目の18〜25時の間に速度制限がかかります。

速度制限期間を過ぎると、自動でカウント1日目の通信量がリセットされ、制限解除後に残りの2日分の累積通信量「翌日と合算されて合計10GB」へと算入されます。

引用:WiFI東京公式サイト

WiFi東京の通信速度制限の条件は3日で10GBです。

現実問題として… 私は3日で10GBも使えません (^_^;)

そのため普通に利用している分には全く問題ない条件でした (๑•̀ㅂ•́)و✧

 

③ 本人確認書類が不要!手続きも返却も超簡単

さすがソフトバンク回線!契約審査が緩い(笑)

個人的には免許証のコピーを送付するくらいの手間は全然面倒くさくないのですが、そういうのを面倒だと感じる人にとってはとっても簡単な手続きだと思います。

 

そして驚いたのが返却の簡単さ!

③ 本人確認書類が不要!手続きも返却も超簡単

レンタル一式(本体・USBケーブル・返却方法が書かれたカード)を袋ごとレターパックに入れてポストに投函するだけ (゜o゜;

③ 本人確認書類が不要!手続きも返却も超簡単

コンビニで着払いで送るのが当たり前だと思っていたので、ポストに投函するだけで返却完了する手軽さに驚きました。

都内なら24時間のコンビニがどこでもありますが、地方に住んでいる場合には便利だと思う。

 

④ すぐ使える!郵送でも翌日からレンタル可能(店舗で受け取れば当日から可能)

④ すぐ使える!郵送でも翌日からレンタル可能(店舗で受け取れば当日から可能)

申し込みしたらすぐに届いた (゜o゜;

届け先にもよると思いますが、すぐにレンタルできるのは嬉しいですね (*´ω`*)

 

⑤ 手頃な価格設定

⑤ 手頃な価格設定

以前利用していたUQ WiMaxには最低契約期間(2年)があったので、不要になっても解約できなかった苦い経験がありますが(^_^;)

WiFi東京はレンタルなのでその心配もなし (๑•̀ㅂ•́)و✧

しかも料金も6,500円(1日あたり216円)とリーゾナブルなお値段でした。

通信速度が早くて、3日で10GBとう良心的な条件を考えるとかなりコスパがいいと思います。

 

設定方法も返却方法も簡単なので初心者にもおすすめできます (๑•̀ㅂ•́)و✧

【必見】無制限のWiFiルーターを選ぶ際に注意したい3つのこととは? 【必見】無制限のWiFiルーターを選ぶ際に注意したい3つのこととは? 【必見】無制限のWiFiルーターを選ぶ際に注意したい3つのこととは?

使えるWiFiルーターをお探しの人にオススメの一台です✨

 

詳細はこちらからから>>WiFi東京の公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です