【北千住】格安なのに雰囲気も腕もいいマッサージ「ラックス」の評判

【北千住】格安なのに雰囲気も腕もいいマッサージ「ラックス」の評判

北千住でずっと通っていたカラダファクトリー北千住マルイ店

【マッサージ】ゴッドハンドがカラダファクトリー北千住マルイ店にいた!

2017.01.26

大好きだった店長の平岡さんが店舗を離れてしまったので別の店舗を探していたら…

 

カラダファクトリーの半額以下なのに凄腕のマッサージ店を見つけました (๑•̀ㅂ•́)و✧

それが今回ご紹介する「らっくす」です。

 

北千住らっくすのビル入口

北千住ラックスのビル入口

北千住駅前(西口)から日光街道(国道4号)に向かってまっすぐ伸びるバス通りの右手側にあります。

 

駅から向かうと、味噌ラーメンがめっちゃ美味しい「みそ熊」やサンドラッグを超えたところ。ファミリーマートやすき家よりも駅側にあります。

北千住ラックスのビル入口

階段を登って2階からエレベーターで5階にある「らっくす」に向かいます。

※エレベータは1階には止まりません( •̀ㅁ•́;)

 

北千住ラックスのビル入口

同じビルの

  • 3階には銀座カラー
  • 4階にはクボタ綜合美健センター

があります。

 

北千住らっくすの店舗入口

北千住ラックスの店舗入口

エレベーターを降りて右手側に店舗入口があります。

扉を開けてそのまま中に入りましょう。

 

北千住らっくすの店内

北千住ラックスの店内

中に入ると1時間3,000円クラスの激安マッサージ店とは思えない落ち着いた内装です。

 

北千住ラックスの店内

「らっくす」って「リラックス」と「LAX(ロサンゼルス国際空港)」を掛けてたんですね!

北千住ラックスの店内 

 

北千住ラックスの店内

入口入ってすぐのウェイティングスペースは少し明るめの照明設定。そして奥の施術スペースは暗めの設定になっています。

温度調整もしっかりしてるし、着替えも無料だし、店内静かだし、かなり居心地がいいマッサージ店です。ひっきりなしにお客さんがやってくる(しかも常連さんばっかりの様子)のも納得。

何度か通っていますが若い女性客も多いのもらっくすの特徴です。

店舗が清潔だし、スタッフの対応も腕もいいし、それでいて安いので、通いたくなるのわかるかも。

 

北千住ラックスの店内

お気に入りの整体師さん見つけたら指名できる(何時間のコースでも指名料は一律500円)システムです。

私は男性スタッフにお願いしていますが、女性スタッフさんも何人も在籍されているようです。

 

北千住らっくすのメニュー

北千住ラックスのメニュー 北千住ラックスのメニュー

施術したタイミングで次回の予約をすると… 8%引きになる早割予約キャンペーンもやってます(๑•̀ㅂ•́)و✧

北千住ラックスのメニュー

 

アプリや紙の会員カードを利用して利用時間に応じてスタンプが貯まるサービスもあり✨

元々の値段がかなり安いのに至れり尽くせりのサービスが嬉しい (*´ω`*)

 

続けて施術ルームの様子も見てみましょう。

 

北千住らっくすの施術ルーム

北千住ラックスの施術ルーム

他のお客さんがいないタイミングで撮影させていただきました✨

 

普通のマッサージ店なら(特に格安マッサージ店なら)施術ベッドを平行に並べて収容数を増やすのが定番だと思うのですが、ラックスでは贅沢なスペースの使い方をしているので隣のお客さんとの距離が遠いのが特徴✨

詰め込めば(施術ベッド平行に配置すれば)同時に対応できるお客さんの数が2倍近くになりそうなのですが「あえてそうしていない」ところが素敵です (*´ω`*)

こういうところも人気のポイントなんでしょうね。

 

他のお客さんと整体師さんとの会話も聞こえてはくるのですが、ここまで距離が遠いと気にならないものなんですねー

 

(細かいですが)施術ベッドも格安マッサージ店にありがちな簡易タイプではなく、しっかりとしたマッサージ用ベッドなので、息苦しくなったり、ベッドに当たっているところが擦れて痛くなることもありません (๑•̀ㅂ•́)و✧

 

こんな素敵なマッサージ店あるんですねー

しかもよく利用する北千住にあるのが嬉しすぎる✨

 

(私を含めてリピート客が多いので)予約しないと入れない可能性が高いと思いますが、北千住らっくすとってもおすすめです!

 

北千住らっくすの情報

定休日

なし

営業時間

10:00ー24:00

電話番号

03-6806-1331

住所

〒120-0034 東京都足立区千住3丁目3−1 ベニヤビル5F

公式サイト

http://lax-m.net/

スポンサードリンク

<script>” title=”<script>


<script>
<script>


<script>